マイホームローンの返済が行えなくなり、差し押さえを受けて、競売が始まって、家が失う……。
これが考えられ得る限り一番まずい流れです。

更に競売は、買い取り額が安くなる傾向が強いので、借金が完全には消えない恐れがあります。また、家がなくなれば賃貸契約等を行う事になるでしょうが、労力や費用が掛かるので大変です。
競売だけは絶対に回避したいところです。

そこで選択しに入れておくべきなのが「リースバック」です。
ごく簡単に解説すると、リースバックは「持ち家の任意売却を行う→賃料で住む形式に切り替える」というもの。
これを行えば、ずっと同じ家で暮らしていく事ができます。
そのため、転校や転勤をする必要がございません。

このようにメリットが大きいわけですが、もちろんデメリットも複数存在します。
そこで本記事では、リースバックに関して深く解説していきます。
リースバックの利点・欠点、リースバックすべきパターン等についても触れていきます。

リースバックのメリットからデメリットまで簡単解説

リースバックを位置から知りたい方は『リースバックのすべて』をチェックください。

□住んだまま自宅を売却したい方

□自宅を最高額で売却したい方

リースバック一括査定でスピード査定!!

家まもルーノ』をチェック。